箱根駅伝

吉居大和(中央大)就職先は実業団でトヨタ|中央大学になぜ進学した?納得する理由とは

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

2024年の箱根駅伝で注目されている、中央大学の吉居大和選手

大学卒業後はトヨタ自動車に就職が決まっています。

実業団で頑張るんだね!

そもそも、吉居選手は仙台育英高校時代から数々の記録を残している実力の持ち主なのに、なぜ中央大学に進学したのでしょうか?

トヨタ自動車に就職する決め手はなんだったのか…?

この記事では、

  • 吉居大和選手がトヨタ自動車に就職した理由
  • 吉居大和選手が中央大学に進学した理由
  • 吉居大和選手の経歴

について調べてみました。

ベースボール・マガジン社
¥1,390 (2024/03/03 08:07時点 | Amazon調べ)

【中央大学】吉居大和選手 トヨタ自動車に就職した理由

吉居選手がトヨタ自動車に就職した理由は以下の2つが挙げられます。

ポイント

  • 両親がトヨタ自動車で陸上競技をされていた
  • トヨタ自動車の実業団は日本でトップクラスだから

吉居選手のお父さんの吉居誠さんは佐賀県鳥栖工業高校出身で、全日本高校駅伝(都大路)にも出場し、その後トヨタ自動車陸上部に所属していました。

そして、吉居選手のお母さんの吉居美奈子さんも全国高校総体出場する実力の持ち主だったとの情報がありました。

世界選手権を目指したいという目標がある吉居選手とって、トヨタ自動車は日本でトップクラスの実業団であると同時に両親が所属していたことで信頼できる場所なのではないかと考えられますよね。

【中央大学】吉居大和選手 中央大学に進学した理由

ポイント

チームや練習の雰囲気が良かった!

吉居選手は仙台育英高校時代に中央大学の練習に参加したことがあるそうです。

そのときのことをこのように語っていました。

練習に参加させてもらってとても雰囲気がよかった。4年間しっかり指導してもらえそうだと感じた

実際、中央大学では選手の育成に力を入れていて、数多くのアスリートを育てています。

【中央大学】吉居大和選手 経歴

吉居選手は愛知県田原市出身です。

地元の愛知県田原市立東部中学校に入学し、その後、駅伝の強豪仙台育英学園高等学校に入学。

高校3年生の時に全国高等学校駅伝競走大会で3区を走りました。

区間8位でしたが仙台育英高校12年ぶり8回目の優勝に貢献しています。

その後、中央大学に進み、104回日本陸上競技選手権5000mで3位に入賞し、銅メダルを獲得。

13分25秒87のタイムで自己記録を更新、自らが持っていたU20日本記録の13分28秒31を塗り替えています。

大学2年生からは大学駅伝にも出場し数々の区間新記録を叩き出しています。

学年(年度)出雲駅伝全日本大学駅伝箱根駅伝
1年生(2020年度)第32回大会中止第52回中央大学
不参加
第97回
3区-区間15位
1時間05分02秒
2年生(2021年度)第33回中央大学
不参加
第53回1区-区間2位
27分05秒
(区間新記録)
第98回1区-区間賞
1時間00分40秒
(区間新記録)
3年生(2022年度)第34回1区-区間賞
22分32秒
第54回6区-区間賞
37分01秒
(区間新記録)
第99回2区-区間賞
1時間06分22秒
4年生(2023年度)第35回出走無し第55回3区-区間11位
34分33秒
第100回

まとめ

2024年箱根駅伝に出場する中央大学の吉居大和選手についてお伝えしました。

吉居選手は両親も所属していたトヨタ自動車に就職することが決まっています。

日本でトップレベルのトヨタ自動車の実業団で世界を目指してほしいですね。

箱根駅伝でも注目してみてくださいね(^^)

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rico

新しいもの好きな知りたがり^^ 年齢問わず世間のみなさんが気になる話題をお届けします。 ちいかわ・コラボ商品・TOBE・コスメ記事が多め。

-箱根駅伝