箱根駅伝

箱根駅伝出れる確率や条件・方法は?常連校や歴代優勝校・回数などまとめ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

2024年の箱根駅伝は100周年大会ということもあり、例年以上に期待が高まっていますよね。

箱根駅伝のことをすこし勉強してみようかな

この記事では、

  • 箱根駅伝の出場確率や条件
  • 箱根駅伝の常連校
  • 箱根駅伝の歴代優勝校や優勝回数

についてお伝えしていきます。

箱根駅伝2024 出場条件と確率はどれくらい?

箱根駅伝に出るためにはどんな条件があるの?

出場条件

出場条件

  • 関東学生陸上競技連盟に加盟している大学
  • 箱根駅伝前年度の上位10校
  • 10月に行われる予選会を通過した10校
  • 関東学生連合チーム

箱根駅伝に出場校は関東学生陸上競技連盟に加盟している大学から選ばれます。

つまり、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県に本部を置く大学及び大学院が対象となっています。

上記の大学の中から10月に行われる予選会で10位以内に入ったチームが箱根駅伝に出場できます。

前年度の上位10校は予選会に出場することなく、翌年の箱根駅伝に出場できるシード権を獲得することができます。

箱根駅伝には毎年21校が出場しているよ。

2024年の第100回箱根駅伝は記念大会で、出場枠が23校に増枠となっています。

出場確率

2024年の箱根駅伝予選会には57校が出場し、上位13校が箱根駅伝出場権を獲得しています。

第100回箱根駅伝は記念大会のため予選会の出場校も例年よりも多かったため、出場枠が23校に増枠されました。

とはいえ、予選会に出場したうちの44校は予選通過できなかったことになりますから厳しい世界ですよね…。

箱根駅伝2024 出場資格は?

出場資格

  • 箱根駅伝の出場回数が通算4回未満である選手
  • ランナーは5000m16分30秒以内、または10000m 34分以内の公認記録を有している必要がある

選手も出場資格をクリアしていないと箱根駅伝には出ることができないんだね。

箱根駅伝2024 常連校はどこの大学?

箱根駅伝の常連校や出場回数などを見ていきましょう!

大学出場回数優勝回数
中央大学96回14回
日本大学89回12回
早稲田大学92回13回
法政大学83回
東洋大学81回4回
日本体育大学75回10回
東京農業大学69回
専修大学71回1回
明治大学64回7回
順天堂大学64回11回

箱根駅伝と言えば青山学院大学も有名ですが、青学の出場回数は28回のため上記の中には入っていません。

ちなみに青学の箱根駅伝の成績は以下です。

記録回数
出場回数28回
総合優勝回数6回
往路優勝回数5回
復路優勝回数7回
区間賞獲得数289
シード出場回数15回

驚異的な数字だね!

箱根駅伝の強豪校としてこれから記録を塗り替えていってほしいですね。

箱根駅伝2024 歴代優勝校

過去10年間の箱駅伝の優勝校は以下のとおりです。

年度往路優勝校復路優勝校総合優勝校
2023駒澤大学駒澤大学駒澤大学
2022青山学院大学青山学院大学青山学院大学
2021創価大学青山学院大学駒澤大学
2020青山学院大学東海大学青山学院大学
2019東洋大学青山学院大学東海大学
2018東洋大学青山学院大学青山学院大学
2017青山学院大学青山学院大学青山学院大学
2016青山学院大学青山学院大学青山学院大学
2015青山学院大学青山学院大学青山学院大学
2014東洋大学東洋大学東洋大学

ここ10年をみると青学の強さがわかります。

昨年は駒澤大学が往路復路、そして総合優勝を掴み取り、圧巻の走りを見せました。

2024年も駒沢大学や青学が先頭に食い込んでくることは間違いなさそうですよね。

まとめ

箱根駅伝の出場回数や資格などについてお伝えしました。

2024年の箱根駅伝はどんなふうに盛り上がるか楽しみですよね♪

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rico

新しいもの好きな知りたがり^^ 年齢問わず世間のみなさんが気になる話題をお届けします。 ちいかわ・コラボ商品・TOBE・コスメ記事が多め。

-箱根駅伝