アミューズメント

鷲羽山ハイランドスカイサイクル恐怖?事故あった?高さや口コミなどまとめ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

岡山県倉敷市にある鷲羽山ハイランドはフリーパスを購入すればアトラクションが無料で楽しめちゃいます。

鷲羽山ハイランドのアトラクションの中で有名なのが、地上16メートルの高さを自転車をこいで進む「スカイサイクル」ですが、調べてみると「恐怖」「事故」などのワードが出できます。

実際はどうなのでしょうか…気になりますよね。

今回は、鷲羽山ハイランドのスカイサイクルについて調べてみました。

鷲羽山ハイランド2023 スカイサイクルが恐怖と言われる理由

アソビュー

ポイント

  • 地上16メートル
  • 海抜170メートル
  • レールや自転車が錆びている
  • 時々レールに蛇が絡みついて進めない

鷲羽山ハイランドのスカイサイクルは、地上16メートル(海抜170メートル)の高さにあります。

瀬戸内海が見渡せる場所で自転車を漕ぎながら絶景を見ることができますが、海が近くにあるため地上16メートルは結構、風が吹くことが多く自転車が揺れるので「落ちない?」と不安になります。

地上16メートルはビルの4階の高さだよ

海が見えるのでもっと高く感じませんか…?

写真で見てもわかるように、レールや自転車が錆びていて構造も簡易的にみえます。(個人の感想です)

そして、実際にスカイサイクルを体験された方は「途中、レールにヘビが絡み付いて進めなくなり、別の意味でも怖かったです。」とコメントされていました。

確かに、スカイサイクルの下は木が生い茂っているので蛇が出てもおかしくはないですよね。

いろんな意味で恐怖を感じる…。

鷲羽山ハイランド2023 スカイサイクルで事故はあった?

アソビュー

鷲羽山ハイランドのスカイサイクルで事故が起きたという情報はありませんでした。

スカイサイクルを検索すると「事故」というキーワードが出るのはなぜなのでしょうか…?

事故が起きても不思議じゃないくらい設備が整ってないからだと思う

ポイント

  • 生身の体で錆びた自転車に乗る
  • ヘルメットなし
  • シートベルトがあるのみ
  • 落下防止のセーフティーネットもない

スカイサイクルに乗る人全員が無意識に「無茶はできない」と感じているため、事故が起きていないのかもしてません。

鷲羽山ハイランド2023 スカイサイクル料金はいくら?

鷲羽山ハイランドのアトラクションはフリーパスを購入すれば、あとは料金はかかりません。

入園∔フリーパストワイライトパス
大人(中学生~)3,800円2,500円
小人(小学生~)3,200円2,500円
幼児(3才~)2,500円2,500円
シニア(55才~)2,500円2,500円

フリーパスは事前購入で、お安く購入することができるのでおすすめですよ。

\アソビューなら無料会員登録で510円もお得/

アソビューでお得に購入

鷲羽山ハイランド2023 スカイサイクルを体験した人の口コミを紹介

「スカイサイクルのなにが怖いって若干錆びてギシギシいってるのもだけど、どんなに恐ろしくても自力で漕がないと一生帰れないところよ」

「ぼろぼろのレールと自転車で、ものすごい高いのに、漕ぐたびにミシミシ言いながら若干自転車が左右に揺れる」

「鷲羽山ハイランド スカイサイクル 直線はそうでもないが曲線は足がすくむ。」

といった声がありました。

やっぱり、レールや自転車が錆びててぼろぼろなんですね…。

自転車が揺れたら、脱輪しないか不安になるよ

カーブになると余計に恐怖を感じますね。

鷲羽山ハイランド2023 スカイサイクルおすすめポイント

アソビュー

ポイント

  • 瀬戸内海の絶景は楽しめる
  • 高いところが好きな人

スカイサイクルのおすすめポイントは、なんと言っても瀬戸内海の島々や瀬戸大橋を見渡せるところではないでしょうか。

晴れていたら穏やかな瀬戸内海がキラキラしてとてもきれいですよ。

まとめ

  • スカイサイクルは高さ160メートル、海抜170メートル
  • 風が吹くと揺れて怖い
  • レールや自転車が錆びていて怖い
  • 余裕があれば瀬戸内海の絶景を楽しむことが出来る
  • 事故の情報はない
  • フリーパスを購入すると乗り放題

鷲羽山ハイランドのスカイサイクルは「怖い」と言った声はありましたが、事故が起きたという情報はありませんでした。

高い所が大丈夫な人ならきっと楽しめると思いますよ。

機会があれば体験してみてください。

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rico

新しいもの好きな知りたがり^^ 年齢問わず世間のみなさんが気になる話題をお届けします。 ちいかわ・コラボ商品・TOBE・コスメ記事が多め。

-アミューズメント