テレビ

ガキ使2024中止の理由がヤバい!出演者の高齢化や暴力が原因?復活はある?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

大みそかの年越し特番として2006年から20年まで放送してきた「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない」シリーズ。

2023‐2024年の年越しも放送を見送ることがわかりました。

今年は復活すると思ってたのに…

この記事では「ガキ使」中止の理由や今後番組が放送されることはあるのかなど調べてみました。

笑ってはいけない2023~2024 中止の理由は?

現時点では中止の理由は明らかにされていません。

2021年に中止を発表した時には、コロナ禍のため…とされていました。

コロナ禍での収録に対して松本さんはこのように言われていました。

「笑ってはいけない」は出演者が体を張って行う大掛かりな企画です。

コロナ禍で感染対策をしながら収録を行うのは難しですよね…。

今はコロナも落ち着いているのに…

コロナが落ち着いているとはいえ、不特定多数の接触や人数が集まるバラエティは収録が難しいのかもしれません。

笑ってはいけない2023~2024 出演者の高齢化

笑ってはいけないのレギュラーメンバーの年齢は

  • 松本人志さん(60歳)
  • 浜田雅功さん(60歳)
  • 月亭方正(55歳)
  • 遠藤彰造さん(52歳)
  • 田中直樹さん(52歳)

となっています。

高齢化とまではいかないとしても、体を張って収録するのはしんどい年齢です。

「笑ってはいけない」が近づくと、松本さんは「収録前は憂鬱な気持ち」ことや、月亭方正さんは「精神安定の漢方薬と痛み止めを飲んで収録に臨んでいる」と明かしています。

出演者の方にとって、精神的にも肉体的にも負荷の大きい撮影であることがわかります。

笑ってはいけない2023~2024 暴力シーンが原因?

「笑ってはいけない」の名物といえば、「ケツバット」ですよね。

しかし、昨今、人を叩くという暴力的な笑いは「放送倫理・番組向上機構」でNGとされています。

厳しい世の中だな~

出演者のみなさんの負担も大きかったと思いますし、仕方ないのかもしれませんね。

笑ってはいけない2023~2024 番組復活はある?

今後、番組が復活する可能性は期待できないかもしれません。

年齢やコンプライアンスの問題などがあるため難しそうですよね。

笑ってはいけない2023~2024に対する声

「メンバーの年齢が原因で自然消滅する可能性高いし」

「あれ見るために毎年頑張ってたのに…」

「大みそかガキ使、また今年もないの」

と言った声がありました。

確かに、あれを観ないと年が越せないと言っても過言ではないですよね。

まとめ

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない」シリーズの中止の理由について調べてみました。

高齢化やコンプライアンスなどの理由がありました。

またあのメンバーで何か番組をやってほしいですよね。

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rico

新しいもの好きな知りたがり^^ 年齢問わず世間のみなさんが気になる話題をお届けします。 ちいかわ・コラボ商品・TOBE・コスメ記事が多め。

-テレビ